即日発行〜どのような流れでカードローンを利用できるの?

最近「即日発行」という言葉をカードローンの広告で多く見かけるようになってきました。

 

しかしカードローン会社の窓口に出向いていろいろ手続きをするのならありえそうな即日発行ですが、ネットを通じての申し込みでも対応しているところは多く、その流れは知らない人も多いようです。

 

ここではその流れを説明していきたいと思います。

 

申し込み

 

まずは申し込みです。ネットからでも可能ですし、カード会社の窓口でも電話でも対応しているところであれば可能です。

 

ただ一点注意しておきたいのが申し込む時間帯。どんな融資でも審査などに時間がかかります。即日発行可能とはいっても手間がかかるのは事実。

 

なるべく午前中に申し込みを済ませておくようにしましょう。

 

申し込み内容確認の連絡

 

申込みをネットで行うとその内容についての確認の電話かメールが届きます。

 

これは大変素早く早いところでは送信してから数分の内に連絡がくることも。

 

連絡方法はカードローンの会社によって異なってくるようです。

 

本人確認書類の提出

 

次に本人確認ができる書類を提出します。

 

とはいっても窓口に出向く必要はなく、スマホやカメラで免許証やパスポートなど身分を証明できるものを撮影し、そのデータをアップロードするだけです。

 

撮影できる機械がない場合はコンビニなどのコピー機から画像を取り込みそれをアップすることができます。

 

審査

 

次にカードローン会社で審査に入ります。

 

即日発行という言葉を広告に含めている会社の審査は従来のものよりも簡略化されており、かかる時間もずいぶん短くなっています。

 

終わり次第会社から連絡がきますので、待つことにしましょう。

 

IDとパスワードの交付

 

審査をパスすることができたら今度は振込依頼をする際に必要なIDとパスワードが交付されます。

 

連絡が来ればその会社のホームページにアクセスしてログイン。

 

振込依頼を出せばすぐに入金がされるようになります。なおカードは後日発送されます。

即日融資可能なカードローンの審査は比較的ゆるいというのは本当?

 

一枚あるといろいろ便利なカードローン、お給料日前に急にお金が必要になったとき、急な怪我や事故で緊急的にお金が必要な場合など、カードローンの融資で急場をしのぐことが出来る場面は様々です。

 

もちろん利用は計画的に行うべきですが、やむを得ない理由により融資を受けたい場合、即日融資が可能なカードローンは重宝します。

 

 

即日融資に対応しているカードローンに申し込む場合に気になるのが審査です。即日融資可能なカードローンの審査はゆるいとよく聞きますが、これは果たして本当でしょうか。

 

確かに即日融資のカードローンの中には融資限度額がどちらかというと低く設定されているものがあります。即日中に審査を完了し、契約、そして融資まで行うとなると、すべてのプロセスのスピードアップ化が求められます。

 

即日融資を受けるなら限度額は低めに

 

即日中に融資を受けたいという方のニーズに応えるためには、出来るだけ審査のハードルを低くし、審査にかかる時間を短縮しなければなりません。

 

しかしここで融資限度額が高く設定されていると、申込んだ方にそれだけの返済能力があるかどうか、丁寧に確認していかなければなりませんので、審査をスピーディに行うわけにはいかなくなります。

 

しかし限度額が低ければ、それだけ審査のハードルも低く出来ますので、結果として審査のプロセスの簡略化、スピードアップにつながります。

 

このように審査をスピーディに行うために行われている審査査定が、スコアリング形式と呼ばれるもの、これは申込んだ方の基本的な情報から融資可能な金額を査定するもので、これにより審査にかかる時間が大幅に短縮できたといわれています。

 

返済の遅延や不履行がある場合、審査通過できない可能性が高い

 

月々安定した収入があり、過去の返済履歴に問題がなかった方の場合ですので、これまでに返済遅滞や返済不履行を起こしたことがある方や、収入の面で明らかに不安がある方などに関しては、審査の段階で落とされてしまうことがあります。

 

申込みを行う前にはご自分の過去の返済履歴などについてもきちんと把握しておくようにしましょう。

 

いずれにしても以前に比べると審査にかかる時間は以前に比べるとどんどん短くなってきています。即日融資をご希望の方は申込みを行う前に、よくそのカードローンの申込み条件などを調べておくようにすると間違いがありません。